四国リレーションシップファンド

四国へ 人が動き

四国に 人が集い

四国で 人が笑う

四国リレーションシップファンドは、
みんなで“新しい四国”を創ります

scroll down
四国リレーションシップファンド

JR四国・リレーションシップ1号投資事業有限責任組合(通称:四国・リレーションシップファンド)はJR四国が唯一の出資者となって、四国への想いを共にする全国の中堅・中小企業、スタートアップの継続と成長を支援し、四国の経済・文化の発展に寄与することを目指すファンドです

ファンド概要

  • 四国が元気であれば
    JR四国も元気になる

  • JR四国が元気であれば
    四国も元気になる

  • 四国が元気であれば
    日本も元気になる

四国リレーションシップファンドは上記の想いから生まれた、JR四国が全額出資するファンドです。

コンセプト

四国を『共創』するという想いのもと
業界や業態、地域を超えて
四国の『内』と『外』を
『Relation(連携)』の輪で囲み
循環を促すことで四国を元気にする

上記をコンセプトに四国島内に限らず全国の中堅・中小オーナー企業、スタートアップといった幅広い企業に出資を行います。

想いを共にする
企業の成長を支援し
四国の経済・文化の発展に
寄与することを目指します

ファンドの活用方法

  • 大切な会社を四国に残し
    次世代へとつなぐ
    経営支援を得て成長を実現する

    『後継者がいない』『会社を残したい』『もっと成長させたい』といった、事業承継 に関する様々な課題を抱えた中堅・中小企業の経営者の皆様から株式(会社)を譲り 受けます。「資金」「経営」「人材」の提供だけではなく、ファンドの出資母体であ るJR四国が有する「ブランド」「ネットワーク」「インフラ」等の経営資源も活用し て、託された会社の成長を実現。四国に残し、次世代へとつなぎます。

  • 成長資金を確保する
    事業連携のパートナーになる

    四国での事業展開を考えるスタートアップ企業への成長資金の提供や、JR四国グループとの連携も視野に置いた資本提携等の投資を行います。「資金」「事業シナジー」「経営」「人材」といった観点からも支援を行い、ともに成長・発展の実現を目指します。

  • 四国で一緒に事業を展開する
    四国の未来を一緒に創る

    四国の“外”、島外の企業との連携を構築・強化するため、四国での事業展開を考える全国の企業を対象に投資を行います。JR四国の経営資源も活用し、ともに成長を目指すことで四国地域経済の発展に貢献します。

3つの特徴

1

全国の中堅・中小企業、スタートアップ企業に投資

投資対象は、四国の島内の企業に限りません。四国を事業拠点とする地元の中堅・中小企業はもちろん、四国に支社・営業所・工場を展開している中堅・中小企業や四国地域での事業展開を目指すスタートアップ企業なども投資対象です。

2

M&Aだけでなく、資本提携やスタートアップにも投資

後継者不在など事業承継の悩みを抱える中堅・中小企業の「事業承継先」としての役割のみならず、JR四国との連携を見据えた「資本提携」や成長資金を調達したい「スタートアップ」へのマイノリティ出資も行います。

3

「四国での事業展開」、「JR四国との連携」によるパートナーシップの形成

JR四国の「経営資源」や四国の「地域資源」を活用し、四国でこれから事業を展開したいと考える企業と事業パートナーとして提携します。

全体スキーム

組合名称 JR四国・リレーションシップ1号投資事業有限責任組合
設立 2023年10月3日
運用期間 10年
ファンド規模 20億円
投資対象 四国地域の発展に資する全国の中堅・中小企業、スタート アップ企業、新たに設立される会社

JR四国・リレーションシップ1号投資事業有限責任組合

(通称:四国・リレーションシップファンド)

日本プライベート
エクイティ株式会社

(無限責任組合員)

運営 / 管理


四国旅客鉄道株式会社

(有限責任組合員)

出資(20億円)

投資

経営支援 フォローアップ

経営戦略の策定 / 経営手法の近代化 / 役員派遣・人材派遣 / 月次業績・予算管理 / 事業承継買収戦略の策定及び実行 / 内部管理体制の整備 / 新規事業展開 など

株式譲受・事業承継

資金提供だけでなく、長期的な目線で経営支援を行い、持続可能な成長への道をともに模索します。

スタートアップ投資

JR四国の既存事業との連携が考えられるス タートアップ企業に出資と支援を行い、 Win-Winとなる関係を構築します。

資本提携

四国の地域資源を活用したい、四国に事業を展開したい中堅・中小企業に「マイノリティ出資」を行い、競争力の強化と共同成長を目指します。

EXIT

第三者譲渡(IPO・MBO等も含む)、
JR四国グループ参入etc.

出資・運営

出資者

四国旅客鉄道株式会社(JR四国)

会社名 四国旅客鉄道株式会社
所在地 香川県高松市浜ノ町8番33号
設立 1987年4月1日
資本金 35億円
代表者 代表取締役社長 
西牧 世博
ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/

運営会社

日本プライベートエクイティ株式会社

中堅・中小企業、小規模企業に特化した「事業承継・事業再編ファンド」を運営。
本ファンドは、会社設立から11本目のファンドであり、九州、東京に続く、3本目の「地域」発のファンドとなります。

ファンドを通じて、 出資者と投資先企業の成長をともに実現し、四国とともに発展するファンドを目指します。

会社名 日本プライベートエクイティ株式会社
所在地 東京都千代田区神田三崎町二丁目15番6号 K-STAGE 5F
設立 2000年10月24日
資本金 6,000万円
代表者 代表取締役社長 
法田 真一
ホームページ https://www.private-equity.co.jp/

日本プライベートエクイティ高松オフィス連絡先

shikoku-relationship-info@private-equity.co.jp

お知らせ

詳細内容のお問い合わせや、事業承継・資本提携などの課題についてお気軽にご相談ください。

メール・電話でのお問い合わせはこちら
(担当:ファンド企画部)